top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる

1コリント 9:19〜27


だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました

 キリスト者の自由

 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる

 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある

 奴隷の道を選ぶ自由もある

 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論

  自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない

 

ユダヤ人に対しては、ユダヤ人のようになりました。ユダヤ人を得るためです。

 自分は律法に支配されていないが、あえて律法に支配される人のようになった

 信仰によって、自分の生き方、考え方を相対化することができる

 キリスト者の自由、自分からも自由になる


律法を持たない人に対しては、律法を持たない人のようになりました

 律法を持たない人=異邦人

 律法は絶対ではない

 律法を守ることは救いの条件ではない

 律法からの自由=これが福音


弱い人に対しては、弱い人のようになりました

 義務の問題、参加しないといけない

 奉仕の問題、奉仕しないといけない

 献金の問題、什一献金しないといけない

 できない人もいる 

 上から目線で裁いてはいけない


福音のためなら、わたしはどんなことでもします

 自分の誇りや高ぶりや救いのために福音を伝えるのではない

 福音のためであって、自分のためではない

 自己実現のための奉仕の危険性


自分のからだを打ちたたいて服従させます

 他人ではなく、自分のからだを服従させる

 体を打ち叩かなくては、間違った方向へ走ってしまう

 信仰で人を打ちたたいてしまう


キリスト者の自由

 「キリスト者はすべてのものの上に立つ自由な主人であって、だれにも服しない」

 「キリスト者はすべてのものに仕えるしもべであって、だれにでも服する者」

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.4.28 CS

弱い人々のための自由 1コリント 8:7〜13 この知識 「知識は人を高ぶらせるのに対して、愛は人を造り上げる」(8:1) 食べなくても不利にはならず、食べても有利にはならない アディアフォラ 「アディアフォラ」とは「善とも悪とも断定出来ない」、 したがって「しても、しなくても自由である」という意味のギリシャ語。 宗教改革から出てきた単語。 たくさん伝統や習慣を抱えた教会を、聖書に照らして総点検し

ความคิดเห็น


bottom of page