top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.1.21 CS

救い主到来のしるし

ヨハネ 2:1〜11


三日目に

 ベタニアからカナまで3日の距離

 カナはナタナエルの故郷


ぶどう酒が足りなくなった

 本来ありえないこと

 何を読み間違えたか

 とても不名誉なこと

 面目丸つぶれ、幸先の悪いスタート


ぶどう酒がなくなりました

 イエスに言ってもどうなることでもない

 イエスにどうしてくれと言っているわけでもない


婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。

 母親に対して冷酷な態度?

 「婦人よ」は尊敬語

 私の関心とあなたの関心とは別なのですよ、の意

 心配はご無用です


わたしの時はまだ来ていません。

 新しいエルサレムでの宴席


清めに用いる石の水がめ

 罪の汚れを負っている人間は、そのままでは神の御前に出ることはできない。

 この水がめはその清めの水を入れるためのもの。

 水=ユダヤ教の律法による清めの象徴

 6つ=不完全数、律法での救いの不完全さの象徴

律法を否定したのではない、変えた

 そこに満たされた水を、主イエスはぶどう酒に変えた。

 ぶどう酒=イエスの血潮

 神の前に出るために、清めの水は不要になり、代わりにイエスの血潮

 イエスの血潮を飲むこと、自分の内に入れること

 神さまとの祝宴

 教会はイエスの花嫁


召し使い

 奉仕者、執事

 イエスの言われたことを素直に行うとき、神の栄光の証人となる

 他の人が信じなくても、自身は目撃している

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page