top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.6.12 CS

「聖霊は語り続ける」

使徒言行録28:17〜31


ローマ

 当時の世界の中心

 エルサレムから見れば、地の果て

 ローマでも証しをしなければならない

 すべての人に福音を、の体現


おもだったユダヤ人たちを招いた

朝から晩まで説明を続けた

 神が望んでおられることは、神を愛し、隣人を愛すること

 しかし、人は罪に捕らわれ、それができない。

 造り主である神を忘れ、神から離れ、自分中心だから。

 人を傷つけ、自分を傷つけ、神の御心に従わない歩みをし続けている。

 罪から贖い出すためにイエスが来られ、十字架につかれ、三日後に復活した


他の者は信じようとしなかった

 異邦人が救われる、ということに納得できなかった

 神の民であり、律法を厳格に守っている自分たちであるがゆえ

 自分たちが大切にして守ってきたものは何だったのかということになりかねない

 律法を疎かにしたからバビロン捕囚という憂き目に遭ったとの理解

 律法学者たちは自分の存立の基盤、栄誉が揺るがされかねない

 イザヤ6:9〜10

 救いは、エルサレムにはあるがローマにはない、というのがユダヤ人たちの伝統的な考え

 敵国ローマに福音などあり得ない


意見が一致しないまま、立ち去ろうとした


訪問する者はだれかれとなく歓迎し、教え続けた


訪問する者はだれかれとなく歓迎し、全く自由に何の妨げもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストについて教え続けた

 神の国が宣べ伝えられ、主イエス・キリストについての教えが語られる

 2年後パウロがどうなったかは関係ない

 教え続けた、で使徒言行録は終わっている

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page