top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.12.25 CS

マリアとエリサベト

ルカ 1:39-56

挨拶を聞いたとき、胎内の子がおどった

 挨拶=心を開いて相手に近づくこと

 ヨハネは胎内でイエスの到来を認知した

 胎児は聴覚から聞くことができる

 死後も聴覚はしばらく残る

御言葉が心に宿る

 心に宿ってからしっかりと心の中で育てる必要がある

 御言葉をもってお互いが挨拶をする

 このとき、御言葉がおどる

 ダンスする


主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。

 主の言葉が実現することを信じる

 このことが幸い


エリサベトはマリアが聖霊によって妊娠していることを聖霊によって知った

主をあがめ

 マグニフィカート、大きくする

 主を大きくする、自分を小さくする

 自分をそこそこの大きさの者とすることから他人との比較が生まれる

 小さく、小さく、小さくなーれ

 神を大きくする

 神は自分にとってどのような御方か

 とんでもなく大きい御方

 私の霊は喜び、魂は解放され、すべてのよきもので満たしてくださる方

 私の人生の主権者

目を留めてくださった

 目を留めること

 私たちは何に目を留めるか

 神さまは私に目を留めてくださっている

 ちっぽけな私に

思い上がる者を

 心の思いのおごり高ぶる者

身分の低い者を

 神さまの御前でちっぽけな、取るに足りない者

 神の憐れみによって生かされる


追い返されます

 原文は追い返されました。(過去完了形)

54 主はそのあわれみをいつまでも忘れないで、そのしもべイスラエルをお助けになりました。

55 私たちの先祖たち、アブラハムとその子孫に語られたとおりです。

いと高き方の力があなたを包む


キリストが私のうちに形作られますように

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page