top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.11.20 CS

主を喜び祝う日

ネヘミヤ 7:72〜8:12

城壁が完成し、職に任命され、自分の町に住み着いたイスラエルの人々は、

第7の月(10月上旬頃、イスラエルの新年)に水の門の前に一斉に集まってきた


水の門の前にある広場

 御言葉に飢え渇いていた

 ギホンの泉

 ヨハネ 7:38

  「わたしを信じる者は、聖書 が言っているとおり、その人の心の奥底から、生ける水の川 が流れ出るようになります。」

 水=御言葉

一人の人のようになった

 一斉に集まって、心が一つとなった

エズラに求めた

 エズラが率先したのではない、民が求めた

モーセの律法の書を

 主に選ばれ、任命された者は何よりも御言葉を慕い求める

 御言葉は神ご自身であるから

 

聞いて理解することのできる年齢に達した者は皆いた

夜明けから正午までそれを読み上げた

 聖書は巻物で祭司が読み上げた

 

民は皆、その律法の書に耳を傾けた

 御言葉に耳を傾けた

書を開くと民は皆、立ち上がった

 御言葉を立ち上がって迎えた

 御言葉=神

両手を挙げて唱和し、ひざまずき、顔を地に伏せて、主を礼拝した

 両手を挙げて

  バプテストの教会も両手を挙げて賛美することができるようになりたい

 賛美は朗読(言葉)が中心であった

 長い間閉ざされていた御言葉が開かれた

 アーメン、アーメン=それは事実です。完全に同意します。

 主の顕現(シャカイナ・グローリー)に出会ったのでひれ伏した

 これが礼拝

レビ人がその律法を民に説明した

 聖書解釈

人々はその朗読を理解した

 朗読を理解した

民は皆、律法の言葉を聞いて泣いていた

 律法と自分たちの生活との乖離に対する悔い改め

 仮庵の祭りを祝う前に大贖罪日がある

主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である

 何を喜び祝うか、主を喜び祝うのである

 自分たちの成功ではなく、主を喜び祝う


大いに喜び祝った。教えられたことを理解したからである

 聖書を真に理解したなら大いに喜び勇んで教会から帰途につく 


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page