top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.11.20 CS

主を喜び祝う日

ネヘミヤ 7:72〜8:12

城壁が完成し、職に任命され、自分の町に住み着いたイスラエルの人々は、

第7の月(10月上旬頃、イスラエルの新年)に水の門の前に一斉に集まってきた


水の門の前にある広場

 御言葉に飢え渇いていた

 ギホンの泉

 ヨハネ 7:38

  「わたしを信じる者は、聖書 が言っているとおり、その人の心の奥底から、生ける水の川 が流れ出るようになります。」

 水=御言葉

一人の人のようになった

 一斉に集まって、心が一つとなった

エズラに求めた

 エズラが率先したのではない、民が求めた

モーセの律法の書を

 主に選ばれ、任命された者は何よりも御言葉を慕い求める

 御言葉は神ご自身であるから

 

聞いて理解することのできる年齢に達した者は皆いた

夜明けから正午までそれを読み上げた

 聖書は巻物で祭司が読み上げた

 

民は皆、その律法の書に耳を傾けた

 御言葉に耳を傾けた

書を開くと民は皆、立ち上がった

 御言葉を立ち上がって迎えた

 御言葉=神

両手を挙げて唱和し、ひざまずき、顔を地に伏せて、主を礼拝した

 両手を挙げて

  バプテストの教会も両手を挙げて賛美することができるようになりたい

 賛美は朗読(言葉)が中心であった

 長い間閉ざされていた御言葉が開かれた

 アーメン、アーメン=それは事実です。完全に同意します。

 主の顕現(シャカイナ・グローリー)に出会ったのでひれ伏した

 これが礼拝

レビ人がその律法を民に説明した

 聖書解釈

人々はその朗読を理解した

 朗読を理解した

民は皆、律法の言葉を聞いて泣いていた

 律法と自分たちの生活との乖離に対する悔い改め

 仮庵の祭りを祝う前に大贖罪日がある

主を喜び祝うことこそ、あなたたちの力の源である

 何を喜び祝うか、主を喜び祝うのである

 自分たちの成功ではなく、主を喜び祝う


大いに喜び祝った。教えられたことを理解したからである

 聖書を真に理解したなら大いに喜び勇んで教会から帰途につく 


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.7.14 CS

祈りの中の双子 創世記 25:19〜26 系図 ユダヤ教の中では系図は非常に重要 11節 神は息子のイサクを祝福された。 18節 イシュマエルの子孫は、互いに敵対しつつ生活していた。 妻のために主に祈った 熱心に祈った その祈りは主に聞き入れられ 祈りが実現するまで20年 祈りはいつ聞き入れられたか? リベカが不妊の女であることを証明する期間としての20年 子どもの誕生は自然的なものではなかった

2024.7.7 CS

恵みはわたしに十分 2コリント 12:1〜10 わたしは誇らずにいられません 誇らずにおれないことは何か? 自分の働きを誇っていないか? 福音を伝えざるを得ない 祝福せざるを得ない 主が見せてくださった事と啓示 一般啓示、自然啓示 特別啓示 私たちは主が見せてくださったことの何を語るか? 主の幻と啓示はどこに現れているか? キリストに結ばれていた一人の人 私たちはキリストに結ばれているか? そのた

2024.6.30 CS

共に勝利の行進に 2コリント2:12〜17 主によってわたしのために門が開かれていました 人々への伝道の扉が開かれていた 扉が開かれていない時もある 神に祈って扉を開いてもらうことが大切 キリストに繋がるとき扉が開かれる 讃美するとき扉が開かれる 人々を祝福するとき扉が開かれる 主によって開かれる わたしのために開かれる テトスに会えなかった 門が開かれていても一番会いたい人に会えないこともある

Comments


bottom of page