top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き

1コリント 12:1〜11


神の霊によって語る

 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る


ものの言えない偶像

 私たちの神は語る神

 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない


イエスは主である

 信仰告白

  聖餐式は信仰告白(先週の箇所)

 聖霊によらなければ言えない

  信仰告白は聖霊の業

 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった

 本当にイエスを主としているか

  自分を主としているのではないか

  イエスを崇めているが、その実、そのような真の神を知っている自分を崇めているのではないか

 自分のたましいに対して、イエスを主と告白し続けること


私たちにも聖霊の賜物は与えられているか?

 あなたがたは賜物に何一つ欠けるところがなく(コリント1:7)

  コリントの教会には賜物が何一つ欠けることなく与えられていた!

  にもかかわらず、であるがゆえ、分派が起こった

   賜物合戦の様相


務めにはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ主です

 聖霊の賜物は、自分の能力を誇示するためのものではない

 主であるイエス・キリストに仕える務めを果たすために与えられているもの

 賜物を私物化してはならない


同じ霊、同じ主、同じ神

 三位一体


一人一人に霊の働きが現れる

 神さまは一人一人を造られた


全体の益となるため

 一人一人に霊の働きが現れるのは、全体の益のため

 自分個人の益のためではない

 個人個人が賜物を発揮すればよいといものではない

 おまえの働きはここまで、と言われたらそこでやめる

 自分の賜物、力はまだまだあり余っていると思っても、そこでやめて他の人と交代する


霊は望むままに、それを一人一人に分け与えてくださる

 賜物は与えられるから賜物(賜り物)

 与えて下さった方の思いを胸に


多様性の中に統一を、統一の中に多様性を

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Komentarze


bottom of page