top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ

1コリント 11:17〜26


集まり

 コイノニア、教会の起源


集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている

 集まれば良いというものではない


仲間割れ

 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要

 しかし、それでは主の晩餐にならない


主の晩餐

 実際に食事が提供されていた

 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

 愛餐と晩餐の区別が必要


主から受けた

 主から直接パウロに啓示が与えられた


わたしの記念として

 わたしを覚えて

 わたしに対する愛を新たにして


新しい契約

 既に完成した契約、完了した契約


飲む度に  

 頻繁に、月1回ではなく

 パンを割く度に、飲む度に、家々で、


主の死を告げ知らせる

 信仰告白のこと、

 自分の罪のために主が十字架に架けられ、死に、墓に葬られ、三日目に蘇ったこと

 イエス・キリストが私たちのうちに生きて働くようになる

 

ふさわしくないままで

 相応しくないやり方で

 おなかがすいたから聖餐式のパンを食べよう、ワインを飲もう

 洗礼を受けていない者は聖餐式に預かってはならないとは聖書に書かれていない

 理解しないで聖餐式で飲み食いしていた

  病人が出た

 理解して聖餐式を行うとき

  癒やされる、回復する

  永遠の命を持つようになる

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

2024.4.28 CS

弱い人々のための自由 1コリント 8:7〜13 この知識 「知識は人を高ぶらせるのに対して、愛は人を造り上げる」(8:1) 食べなくても不利にはならず、食べても有利にはならない アディアフォラ 「アディアフォラ」とは「善とも悪とも断定出来ない」、 したがって「しても、しなくても自由である」という意味のギリシャ語。 宗教改革から出てきた単語。 たくさん伝統や習慣を抱えた教会を、聖書に照らして総点検し

Comments


bottom of page