top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.4.7 CS

わたしは主を見ました

ヨハネ20:11〜23


二人の天使

 契約の箱のケルビムと同じ


なぜ泣いているのか

 もはや泣く必要はない

 私たちも泣く必要のない時に泣いていないか?

 主が既に働いておられる

 主は私たちの涙を知っておられる


後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた

 振り向くとイエスが見える

 振り返れば、そこにイエスさまがおられる


なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。

 遺体を捜す必要はない

 聖書の教えは昔の死んだ教えではない

 今も生きている


「マリア」と言われると

 名前を呼ばれたとき、イエスだと気づいた

 私たちも名前を呼ばれている


彼女は振り向いて

 もう一度振り向く

 悔い改めの振り向き

 振り返ることも大切


「ラボニ」

 私の先生

 恩師ではない、今なお教え導いてくれる存在としての先生

 私たちはイエスさまを何と呼ぶか?


わたしにすがりつくのはよしなさい

 すがりつき続けるのはやめなさい

 イエスにすがりつくことはできないが、代わりに聖霊が与えられる


あなたがたの父である

 私たちはイエスの兄弟姉妹、神の子として生きることができる


家の戸に鍵をかけていた

 キリスト者はユダヤ人から迫害にあっていた

 主を信じていても、ユダヤ人を恐れていた

 心の戸を閉し、鍵をかけて誰も入って来れないようにし、自分もそこから出て行こうとしない。

 必死に自分を守ろうとする

 心の戸を閉めることからの開放 

 

イエスが来て真ん中に立ち

 心の部屋の真ん中にイエスさまが立たれる


あなたがたに平和があるように

 神の祝福があるように

 

あなたがたを遣わす

 私たちは遣わされた


聖霊を受けなさい

 受けること、受ける備えが必要


あなたがたが赦せば、その罪は赦される

 罪の赦しを得させるために遣わされる

 罪の赦しは聖霊によってのみ与えられる

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comentarios


bottom of page