top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.4.14 CS

イエスさまのもとでの「一致」

1コリント 1:10〜18


初代教会において問題があった

 旧約時代のイスラエル民族も問題だらけであった

 問題だらけの歴史

 新約時代の教会も問題だらけ


皆、勝手なことを言わず

 勝手なことを言うのは自然

 しかし、相手の意向、気持ちを汲み取ることも必要

 新改訳:仲間割れせず

 めいめいが勝手なスローガン


心を一つにし思いを一つにして

 自然なままでは一つになれない

 お互い仲良しになりましょうでは無理

 聖霊による一致が必要


固く結び合いなさい

 私たちは弱い結合、ほどほどの関係、が得意だが、固く結び合うこと


争いがある

 主義主張、好みが違うのだから争いは当然

 認め合うこと


遣わされたのは、

 自分が遣わされた目的は何か?

 誰々先生からバプテスマを受けた


言葉の知恵によらないで

 キリストの十字架は言葉だけで告げ知らせることはできないもの

 言葉だけで説明しようとすると、十字架が空しくなる

 キリストの十字架をむなしいものにしてはならない

 グノーシス主義、二元論

  霊と肉を区分

  極端なまでの禁欲主義、肉的なものはよくない

  霊的に救われたから、肉的には何をしても問題ない

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comments


bottom of page