top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.3.3 CS

栄光を現そう

ヨハネ 12:27-36


今、わたしは心騒ぐ

    ゲッセマネの祈り

 心騒ぐ時、静まって主の御声を聴く   

 心騒ぐ時、静まれない

 イエスさまでも心が騒いだ

 まして自分など、心が騒ぐのは当たり前

 だから聖書がある、話を聞いてくれるみんながいる


何と言おうか

 何と言うか、が分かれ目

 何でも父に願えばいい、ということではない

 父に願うことをよくよく吟味する、聖霊によって


父よ、わたしをこの時から救ってください、と言おうか

 この時から救ってほしい、と思う時がある

 イエスは「父よ、わたしをこの時から救ってくださいとは言わない」と言っている


しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ

 自分は嫌でも、この時のために遣わされた

 エステル、死ななければならないなら死にます

 

父よ、御名の栄光を現してください

 神の名の栄光

  あってあるもの

  わたしはある

  罪人に対する神の愛

 心が騒いでいても、父の栄光のために成すべきことがある

  自分の感情第一主義ではない


わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう

 主の栄光が私を救った

 主の栄光の在り方

  イエスを十字架につけるという手段によって 


群衆はこれを聞いて

 神の言葉を理解できなかった

 神が十字架によって栄光を現すことの意味合いを理解できなかった

 自分たちに語られた言葉とは思わなかった


あなたがたのためだ

 十字架の意味

 聖書はイエスを中心に書かれているが、イエスの栄光のためではなく、私たちのため


今こそ、この世が裁かれる時

 裁かれる時

  終わりの時

  完成の時


今、この世の支配者が追放される

 自分の人生の支配者を追放せよ

 支配者=サタン


すべての人を自分のもとへ引き寄せよう

 引き寄せられる

 すべての人=ユダヤ人以外も含めて

 自分の力ではなく、イエスの力によって、イエスのもとに引き寄せられる


人の子は上げられなければならない

 メシアは死なないと教えられていた

  イエスがメシアならなぜ死ぬのか

  メシアの初臨と再臨とを区別できなかった


光のあるうちに歩きなさい

 光に包まれて歩む


自分がどこに行くのか分からない

 自分はどこに行こうとしているのか


光の子となる

 私たちは光の子である

 光の子として歩んでいるか

 光にふさわしい人


光のあるうちに、光を信じなさい

 光を信じる

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.4.14 CS

イエスさまのもとでの「一致」 1コリント 1:10〜18 初代教会において問題があった 旧約時代のイスラエル民族も問題だらけであった 問題だらけの歴史 新約時代の教会も問題だらけ 皆、勝手なことを言わず 勝手なことを言うのは自然 しかし、相手の意向、気持ちを汲み取ることも必要 新改訳:仲間割れせず めいめいが勝手なスローガン 心を一つにし思いを一つにして 自然なままでは一つになれない お互い仲良し

2024.4.7 CS

わたしは主を見ました ヨハネ20:11〜23 二人の天使 契約の箱のケルビムと同じ なぜ泣いているのか もはや泣く必要はない 私たちも泣く必要のない時に泣いていないか? 主が既に働いておられる 主は私たちの涙を知っておられる 後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた 振り向くとイエスが見える 振り返れば、そこにイエスさまがおられる なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。 遺体を捜す必

2024.3.31 CS

成し遂げられた ヨハネ 19:17−30 こうして、彼らはイエスを引き取った 私たちはイエスを自分のものとして引き取らなければならない 傍観者でいてはいけない イエスさまを引き取るとき、イエスさまが私たちを引き取ってくださる 自ら十字架を背負い イエスさまは自ら十字架を背負われた、強制ではなく、自分の意志として(意思ではない) 私たちも自ら十字架を背負っている しかし背負っている十字架はどんな十字

Comments


bottom of page