top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.9.10 CS

洪水の終わり

創世記 8:1〜22


神は、ノアと彼とともに箱舟にいたすべての獣とすべての家畜を御心に留め

 神は御心に留めてくださる

 ノアと共にいた者を

 箱舟の中にいた者を

 すべてのものに御心を留められる神

 教会(会堂というイメージの)という器は小さ過ぎはしないか?

 私が共にいる範疇の者に御心を留められる

地の上に風を吹かせられた

 神の息吹

 御心に留められた神は、風を吹かせられる

深淵の源と天の窓を閉じられた

 深淵の源と天の窓を両方とも支配される神

601歳のとき、地上の水は乾いた

 水が乾くのに多くの月日を要した

そこで、ノアは…外へ出た

 自分で判断するだけでなく、神の時を待つ

 辛抱強いノア


主のために祭壇を築いた

 まずすべきことは祭壇を築くこと


人に対して大地を呪う

 人を呪ったのではない

 人に対して大地を呪われた

 「お前のゆえに、土は呪われるものとなった」(創世記3:17)

 「人間の罪のゆえに地を呪うことはもはやしない」との宣言に変わった


人が心に思うことは、幼いときから悪いのだ

 極めて良かったはずだったが

 知識の実を食べたがゆえ

 悪い者は滅び去って、聖なる者だけで出発、のはずだったが…

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page