top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.8.6 CS

それでもなお、生きる者として

創世記 3:1〜24

神はトリックをされるような御方ではない

 これを食べてはいけない⇒でもお前は食べるだろう⇒それでこそ正解なのだ

神の子としてのアイデンティティで読む

 子どもにトリックをかけるような親ではない

神の命令の下で暮らすなんて愚かだ

 あなたが賢くなることを神は恐れているのだ

 神から自由になって自分の意思のまま生きたらよい

 

罪の本質は、神様のもとで生きることをやめること

 神様に従うのではなく、自分が主人になり、神様に成り代わろうとすること=原罪

 神様から自由になった方が人間らしく生き生きと生きられるのかもしれない、

 という思いに捕えられていく

私たちは神が行けと言われた場合に行くべき

 自分勝手にエデンの園から出てゆくべきではない

 アブラハムは神が言われた通りに出かけた


園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか

 神がどのように言っていたかを知っていたが、あえて言葉を変えて誘導している

触れてもいけない

 神は触れてもいけないとは言っていない

賢くなるように唆していた

 蛇ではなく、木が唆していた

 「危険、近づくな」の表示がない

 99所有していても、100持っている者がいたら不満

 2番目ではだめなのですか? ダメ!

サタン

 悪口を言いふらす者

蛇は誘惑することはできるが、人間に指示することはできない

 決断したのは人間なので、蛇に責任転嫁することはできない

主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると

 隠し立てが始まった

 神に対しても、夫婦間であっても

 原罪によって人は神の顔を避けるようになった

 神の顔を見ることができないようになった

どこにいるのか

 私たちが神の前から姿を消すとき、私たちは神を見ることができなくなる

 あなたはどこにいるのか、と問われている

あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が

 「骨の骨」が「女」となってしまった

 神への責任転嫁

神様から自由になり、自分の思い通りに生きた方が幸せだと唆して、

実は人間から本当の幸福を奪おうとしている

神との関係、神の支配のもとにあることこそ人間の最大の幸せ

自己決定権

 自己決定権はある、奴隷ではない

 しかし、自己決定したことの結果は受け入れなければならない

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comentarios


bottom of page