top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.8.27 CS

創世記6:5〜22

洪水の予告

地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っている

 なぜこのようになってしまったのか?

 善悪の知識の木の実を人間は食べた、にも関わらず、

 悪を選択するとは一体どういうことか?

 神から離れてしまったゆえ、自分の思いで歩むことになったがゆえ

地上に人を造ったことを後悔し

 極めて良かったと喜んでいたのに

 神様が後悔することがあるのか?

 このような表現を使うしかないといううめき

家畜も這うものも空の鳥も

 動物に何の責任もないのに、人とともに滅ぼされる

 動物を管理し得るのは人だから

しかし、ノアは主の好意を得た

 ノア=安息、休息、慰め

ノアは神に従う無垢の人であった

 罪に満ちた世界の中でも、神に従う無垢な生き方はできる

ノアは神と共に歩んだ

 神と共に歩むこと

神の前に堕落し、不法に満ちていた

 神の前に堕落すると、不法に満ちるようになる

神は地を御覧になった。見よ、それは堕落し、…堕落の道を歩んでいた

 現代の世界は堕落への道を歩んでいないか?

肉なるものを終わらせる時

 終末には肉なるものが終わる

ノアは、すべて神が命じられたとおりに果たした

 人々から見て全く無駄なことと思えたことを忠実に果たした

 人の目、人の言葉ではなく、神の目、神の言葉を意識して歩む

 自分の家族が救われるために箱舟を造ったのではなく、あらゆる動物を救うために造った

 救いの器は、自分の救いのためだけではない

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page