top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.7.23 CS

創世記 2:4b〜17

生きる者となる

土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた

 元素から人はできている

 塵から造られた存在に過ぎない

 しかし、命の息が吹き入れられたので、神のかたちという崇高な存在となった

 自分を誇るのではなく、神を誇る

人はこうして生きる者となった

 生きているか?

 神の命によって生きている

 神の使命に生きる

 使命とは命を使うこと

自ら形づくった人をそこに置かれた

 神から遣わされた

 この時代の、この場所に

そこを耕し、守るように

 耕す(abad)レオブダー、サービス

 仕事、奉仕、仕える、世話をする、礼拝するの意

 労働とは本来神への奉仕、礼拝

 罪の結果の労苦ではない

 あなたがたは神の畑、神の建物なのです。(第一コリント3:9)

 心の大地を耕し、守ることは私たち人間に与えられた大切な仕事

善悪の知識の木

 神の試験?

 神の命令に従えるかどうか

 ルシファー事件があったから?

 罪の本質は、神から自立して自分が神になること

 100あるものの中で1つだけ禁止されるとその1つが気になって仕方ない

食べると必ず死んでしまう

 神との断絶が起こる

 霊的な死のこと

 命の木があるから死なない

私たちは神の如く善悪の判断ができると思い上がってはならない

しかし神のかたちにかたどって造られ、キリストの似姿へと変えられつつあることを忘れてはならない

キリストによって既に命の木が与えられた

心を耕すこと、これが日課

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

コメント


bottom of page