top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.7.2 CS

キリストの福音をあまねく宣べ伝える

ローマ 15:14〜21

パウロはいろいろと言いたいことを言ってきた

会ったこともないローマの教会の人々に

ローマ教会はパウロが建てた教会ではない

これだけの長い手紙を書くとは余程のこと

これがパウロの思いであり、神の思い

異邦人伝道にパウロは使命を感じた

感じたどころでなく、自分の使命だと確信した

ここまでやるか? ここまでやる。

善意に満ち

 他者への思いやりに満ちていること

 時折善意ではない


あらゆる知識で満たされ

 あらゆる問題に対する正しい洞察と理解

 何よりも重要なのは、神を知り、己を知り、他者を知る知識

  神が私を知っている以上に私は私のことを知ってはいない


互いに戒め合う

 互いに裁き合うことではない

 率直に言いにくいことでも話し合える関係にいること

  非常に難しい

  信仰の成熟が必要

  キリストに似た者となるために、キリストに近づくために、練られた品性


わたしは確信しています

 会ったことがないので、確信するよりほか仕方なかった

 会ったことはないが、確信できた

 「このわたしは」、どのわたし? このわたし


記憶を新たにしてもらおうと

 パウロは新しい教えを語ったのではないとの意味であるが、

 実際はローマのキリスト者が初めて聞く内容もあった

 ⇒ところどころかなり思い切って書きました


祭司の役

 神と人との仲保者

 神と人との和解の務め

 神に供え物を捧げる


異邦人が、神に喜ばれる供え物となるために

 神に喜ばれる聖なる献げものとして


キリスト・イエスによって誇りに思っています

 自分の誇りではない

 誇りはある意味で厄介なもの

 紙一重、神一重、神人へ

 キリスト・イエスによって

 ⇒キリストがわたしを通して働かれた


キリストはわたしの言葉と行いを通して働かれました

 キリストは私たちが語る言葉と行為とを通して働かれる


他人の築いた土台の上に建てたりしない

 開拓伝道者パウロ

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page