top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.6.25 CS

わたしに与えられた恵みによって

ローマ 12:1〜8

自分を過大に評価してはなりません

 これが最初?

 あまりにもネガティブでは?

 愛を第一としないさい、であるべきでは?

 人は誰しも自分の評価が気になる

 他人にどう評価されているか?どう思われているか?

 社会生活を送るためには必要であり、当たり前

 しかし、必然的に他人との比較となり、

 自分を過大に評価して他の人を見下しがち

 一方劣等感を感じていじけてしまう

 ねたみとそねみ

神が各自に分け与えてくださった信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべきです

 信仰がどれだけあるかという量によってではない

 信仰の目によって自分を評価する時、真の自分の姿が見えてくる

 自分はどこまで行っても罪人だ

 しかし、イエス・キリストの血潮によって神の子とされた

 神に愛され、赦され、救われている

 これが正しい自己評価

 自分をどう評価するかという問題は、他人をどう評価するかにつながる

 自分も神に愛されている、他人も神に愛されている

それぞれ異なった賜物を持っています

 神から与えられている賜物に感謝

 他者との比較ではなく、与えられた賜物をどう活かすかが問われている

各自は互いに部分

 互いにそれぞれのための器官

 お互いにとっても、お互いが必要

 私が私らしく機能するためにはあなたが必要

しかし、私たちは自分の存在をもっともっと評価すべき

 神の子されている

 イエス・キリストを身に纏っている

 聖霊が住まわれる宮である



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.7.14 CS

祈りの中の双子 創世記 25:19〜26 系図 ユダヤ教の中では系図は非常に重要 11節 神は息子のイサクを祝福された。 18節 イシュマエルの子孫は、互いに敵対しつつ生活していた。 妻のために主に祈った 熱心に祈った その祈りは主に聞き入れられ 祈りが実現するまで20年 祈りはいつ聞き入れられたか? リベカが不妊の女であることを証明する期間としての20年 子どもの誕生は自然的なものではなかった

2024.7.7 CS

恵みはわたしに十分 2コリント 12:1〜10 わたしは誇らずにいられません 誇らずにおれないことは何か? 自分の働きを誇っていないか? 福音を伝えざるを得ない 祝福せざるを得ない 主が見せてくださった事と啓示 一般啓示、自然啓示 特別啓示 私たちは主が見せてくださったことの何を語るか? 主の幻と啓示はどこに現れているか? キリストに結ばれていた一人の人 私たちはキリストに結ばれているか? そのた

2024.6.30 CS

共に勝利の行進に 2コリント2:12〜17 主によってわたしのために門が開かれていました 人々への伝道の扉が開かれていた 扉が開かれていない時もある 神に祈って扉を開いてもらうことが大切 キリストに繋がるとき扉が開かれる 讃美するとき扉が開かれる 人々を祝福するとき扉が開かれる 主によって開かれる わたしのために開かれる テトスに会えなかった 門が開かれていても一番会いたい人に会えないこともある

Comentários


bottom of page