top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.6.25 CS

わたしに与えられた恵みによって

ローマ 12:1〜8

自分を過大に評価してはなりません

 これが最初?

 あまりにもネガティブでは?

 愛を第一としないさい、であるべきでは?

 人は誰しも自分の評価が気になる

 他人にどう評価されているか?どう思われているか?

 社会生活を送るためには必要であり、当たり前

 しかし、必然的に他人との比較となり、

 自分を過大に評価して他の人を見下しがち

 一方劣等感を感じていじけてしまう

 ねたみとそねみ

神が各自に分け与えてくださった信仰の度合いに応じて慎み深く評価すべきです

 信仰がどれだけあるかという量によってではない

 信仰の目によって自分を評価する時、真の自分の姿が見えてくる

 自分はどこまで行っても罪人だ

 しかし、イエス・キリストの血潮によって神の子とされた

 神に愛され、赦され、救われている

 これが正しい自己評価

 自分をどう評価するかという問題は、他人をどう評価するかにつながる

 自分も神に愛されている、他人も神に愛されている

それぞれ異なった賜物を持っています

 神から与えられている賜物に感謝

 他者との比較ではなく、与えられた賜物をどう活かすかが問われている

各自は互いに部分

 互いにそれぞれのための器官

 お互いにとっても、お互いが必要

 私が私らしく機能するためにはあなたが必要

しかし、私たちは自分の存在をもっともっと評価すべき

 神の子されている

 イエス・キリストを身に纏っている

 聖霊が住まわれる宮である



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page