top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.4.9 CS

今日わたしと一緒に楽園に

ルカ23:26~43

イースターだけど、1週遅れなので、厳しい話を


イエスを引いて行く途中

 イエスを引く

 人々はイエスを処刑場まで引いて行った

田舎から出てきたキレネ人

 イエスとは何のゆかりもない人

 その人が突然十字架を背負わされる

 その後人生が変わる

シモンに十字架を背負わせた

 シモンにとって予想しなかった出来事

 何で自分が

 十字架を背負って主イエスについて行く

 その十字架は主の十字架

 喜んで担えるものは十字架ではない

 それでも担うから主の十字架

 シモンはやがて信仰者となった

 シモンは十字架の重さをいやというほど感じたに違いない


わたしのために泣くな

 イエスさまが可哀想だというのはなく、

 自分自身の罪と、それに対する神の裁きのために泣け

 悔い改めの涙を流せ

 

生の木さえこうされるのなら、枯れた木はいったいどうなるのだろうか

 生の木=イエス

 枯れた木=民衆

 十字架は残酷な刑であるがゆえ、自分とは到底関係ないと思ってしまう

 しかし、十字架刑以上に残酷にも思えるようなことが神の裁きとして起こる

 それは他ならぬあなたに対してなのだ


父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているか知らないのです。

 私たちも自分が何をしているか、本当の深い意味、神の計画での位置づけは知らない


神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい

 おまえの信じる神がいるのなら、世界はなぜこんな状態なのだ

 自分を救えない者がどうして他人を救い得るのか

 荒野での試み、神の子なら

  

あなたの御国においでになるときには

 再臨の時

 天国ではなく、楽園、神の国


今日わたしと一緒に楽園にいる

 ルカにおいてはイエスのメシア的救いの時代のこと

 十字架刑の処刑当日に死ぬことはなかった

 イエスと共にあるということ=パラダイス

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comments


bottom of page