top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.4.16 CS

ルカ 24:13〜35

エマオの途上で

イエス御自身が近づいてきて

 イエスさま御自身が近づいて来られる

一緒に歩き始められた

 イエスさまは私たちと一緒に歩かれる

 イエスさまだとは分からなくても

二人の目は遮られていて

 私たちの目は真実を見ていないかもしれない

 バイアス、常に何かに遮られている

どんなことですか

 私たちはどんなことかを自分の口で説明しなければならない

 十字架と復活の出来事をどう説明するか?

預言者でした

 過去の事柄としている

 預言者と理解している

望みをかけていました

 望みがついえた今の状況

イエスキリストは生きておられると告げたと言うのです

 信用していない

十字架の事実から弟子たちは絶望を受け取った

 本来は爆発的な喜びを受け取るべきもの

 聖書全体に書かれてあることを理解していないから

聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された

 聖書の解き明かしを受けた時、心が燃えた

 しかし、イエスとは分からなかった

 

イエスだと分かった

 聖書全体の説教を聞いても分からなかった

 最後の晩餐のときにはこの弟子たちはいなかった

 最後の晩餐のイエスの所作を思い出したから分かったのではない

 イエスとともに食卓につき、イエスが割かれるパンを食する時、分かる

 聖餐式をセミオープンでやることの重要性

 パンを渡したとき、手に釘跡があるのに気づいた?


無理に引き止めたので

 イエスさまを無理に引き止めることが必要

 このとき、イエスさまは家に入られる


時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると

 方向転換

 エルサレムへ

 失望落胆から希望へ


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page