top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.3.26 CS

ぶどう園はだれのものに

ルカ 20:9-19

ありえない話

 3人も袋叩きにされたところに、自分の息子を送るだろうか

 よほどお人好しの主人

農夫たちに貸した

 私たちもすべてのものは神から貸与されている

長い旅に出た

 主人は不在だが、主人の管理下にある

袋叩きにして追い返した

 主人のしもべを袋叩きにしたらどんな目に合うか分かっているはず

この子なら敬ってくれるだろう

 息子が袋叩きにされないとは限らない

そんなことがあってはなりません

 主人が農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えること?

 農夫たちが主人の息子を殺すこと?


それでは、こう書いてあるのは、何の意味か

 そんなことがあってはならないのだが、現実にそんなことになると聖書は書いている

 私たちも聖書に書いてある意味を自分に関わりのあることとして理解しなければならない

 神が裁かれること?

 イエスを殺すこと?


自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいて

 たとえの意味に気づいたが、悔い改めるどころか、反発した

捨てた石、これが隅の親石となった

 捨てられた石

 隅の親石

 要石

 礎石

 最後のピースとしてのイエスキリスト

 イザヤ28:16

ペトロの手紙2:4〜5

あなたがた自身も生きた石として用いられ、霊的な家に造り上げられるようにしなさい。

ぶどう園は誰のものか?

 ぶどう園は神のもの

 農夫たちを雇用したわけではなく、農夫たちに貸した

聖書全体を表現

 ぶどう園の主人:王の権威、この世の創造

 殺される主人の息子:イエスの受難

 主人の裁き:終末の裁き

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comments


bottom of page