top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.3.12 CS

気を落とさずに

ルカ 18:1~8


17章20節からの「神の国はいつ来るのか?」という問答の続き

「その日」裁かれる

⇒弟子たちは気を落とした

絶えず祈る

 神の最終的報復(終末)についての祈りのこと

 ここで扱われているのは一般の祈りのことではない

不正な裁判官

 ローマに支配された中での現実

 不正と賄賂が横行

やもめ

 法的・社会的保護から漏れた存在

 人を人とも思わない裁判官がやもめの訴えに耳を傾けるはずがないとは考えなかった

まして神は

 神は不正な裁判官ではない

 暗闇(不正な裁判官が統治)においても光は射す

速やかに

 タクース=遠からず、遅からず、すぐに

 神の計画における「すぐに」

 神のタイミング

 自分が考える「速やかに」ではない

 神の「その日」は来る

 その日は今ではない

 カイロスであってクロノスではない

信仰を見いだすだろうか

 「神が選民のために裁きをつけないと言うことは決してない」という信仰が

 「その日」、見られるだろうか?

  いや決して見つけられない

神は裁かれる御方

 神に先立って裁いてはならない

 忠告は良いが

 人を裁いている限り真の平安は来ない、溜飲を下げることはできても

 私たちはどこまで行っても不正な(自分勝手な)裁判官

 検察官・牧師・政治家モード(Think Again)

神は私たちの祈りがひつこいので祈りを聞かれるのではない

神の御心を自分の人生に落とし込み、受け止めるための祈り

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page