top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.12.31 CS

光は闇の中に

ヨハネ3:16-21


世を愛された

 世を私に言い換える

 私を愛された

 どれほどか? 独り子を与えるほどに


滅びないで

 私たちは滅びる運命にある

 アダムの罪を引き継いでいるから

 神の裁きによって滅びるのではない、このままだと滅びる


永遠の命

 これを信じるか

 私たちが永遠の命を得るために、イエス様を与えてくださった

 この世で素晴らしい人生を送るためにではない

 永遠の命で何をするか?


世が救われるため

 私が救われるため

 世=罪に汚れた世界と人々

 神が造られたにも関わらす、神を認めず、信じようとせず、従おうとせず、

神に背き逆らい、自分自身を主とするしかない世

 こんな裏切りの世を愛された

 私たちが愛されるべき存在だからではない


御子を信じる者は裁かれない

 最後の審判

 イエス様が弁護人、証人


信じない者は既に裁かれている

 イエスが裁かれるのではない

 キリストを信じることができないことがその証左

 光よりも闇を愛してしまっている

 現在終末論と未来終末論の双方が大切

 裁きとは、救われる者と滅びる者とを神がはっきりと分けるということ


真理を行う者は光の方に来る

 光の方に来ているか、闇の方に来ているか?


その行いが神に導かれてなされた

 神に導かれた行いかどうか?

 行いが立派だということではなくて、神に導かれて生きているかどうか

 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page