top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.12.10 CS

イザヤ 7:10-14

その名はインマヌエル

大国アッシリア

隣接するアラムは反アッシリア同盟を作り、北イスラエル王国と連合

ユダの王アハズも誘うが、アハズは拒否

反アッシリア同盟がユダに押し寄せてくる状況に


4節

落ち着いて、静かにしていなさい。恐れることはない。

 静かにしておれる状況ではない

 そんな状況において落ち着き、静かにできるのは、神を信頼しているから


7節

それは実現せず、成就しない。

 私たちの不安の9割は実現しない


9節

信じなければ、あなたがたは確かにされない。

主なるあなたの神に、しるしを求めよ。

 主を尋ね求めるか、他の何ものかに頼るか? 

 自分に頼ることは偶像礼拝


わたしは求めない。主を試すようなことはしない。

 敬虔な言葉のようであるが、内実はアッシリアを頼りにしていたから

 アッシリアに金銭を渡して守ってもろおうとした


主が御自ら、あなたたちにしるしを与えられる

 主自らがイエスを遣わされた


インマヌエル

 インマ=共に、ヌー=私達と、エル=神 

 神は私たちと共におられる

 神と人が一つとなった、一人の人となった

  神が隣にいるのではない、神と一体

     マリアに神が入った


イザヤ30:15

立ち帰って、静かにしているならば救われる。

安らかに信頼していることにこそ力がある。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

留言


bottom of page