top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.11.19 CS

新しい希望へ

イザヤ 49:1-6

島々よ、遠い国々よ

 異邦人への呼びかけ

主は母の胎にあるわたしを呼び

 神は私が産まれる前から私の名を呼ばれた

わたしの口を鋭い剣として

 剣=御言葉

 神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、

 心の思いや考えを見分けることができるからです。(ヘブル4:12)

 霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。(エフェソ6:17)

尖らせた矢として

 矢は研がれる必要がある

 矢は矢筒に納められる

 矢は一旦、後ろに引き下がる

 矢を射る人の目線と同じ高さになり、同じ方向を向く

 矢が放たれる


御手の陰に置き

 神のうちに留まること

 公に現れることも大切だが、その前に神の内に留まることがもっと大切


あなたによってわたしの輝きは現れる

 主の栄光を現すのが私たちの人生

 人から裏切られたり、見捨てられたりするようなことがあっても、

 それによって神の御業が現されるとしたら、それもまた神の栄光となる

 悪いと思えるようなこと、辛いことや苦しいこともあるかも知れないが、

 そうした出来事のすべても神の栄光のために用いられる

 自分の夢をかなえるため、自分の成功のため、自分のためにどんなに人生を費やしても、そこには平安はなく、死んだらすべてが終わってしまう。


いたずらに骨折り

 イザヤ、捕囚前に民を立ち返らせることができなかった

 イエス、ユダヤ人を立ち返らせることはできなかった

 しかし、神の計画は完璧に完了した

わたしを裁いてくださるのは主

 私たちは主のみによって裁かれる

 神のみこころならば、神が必ず報いてくださる

 全てのことが益となる

主の御目にわたしは重んじられている

 私たちは主の目に尊い

わたしの神こそ、わたしの力

 私に力はなくとも、私の神には力がある

イスラエルの残りの者を連れ帰らせる

 イスラエルの救い

それにもまして

 それにもまして、異邦人の救いが来る

国々の光とし、わたしの救いを地の果てまで、もたらす者とする

 異邦人の救い

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Commentaires


bottom of page