top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.11.19 CS

新しい希望へ

イザヤ 49:1-6

島々よ、遠い国々よ

 異邦人への呼びかけ

主は母の胎にあるわたしを呼び

 神は私が産まれる前から私の名を呼ばれた

わたしの口を鋭い剣として

 剣=御言葉

 神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、

 心の思いや考えを見分けることができるからです。(ヘブル4:12)

 霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。(エフェソ6:17)

尖らせた矢として

 矢は研がれる必要がある

 矢は矢筒に納められる

 矢は一旦、後ろに引き下がる

 矢を射る人の目線と同じ高さになり、同じ方向を向く

 矢が放たれる


御手の陰に置き

 神のうちに留まること

 公に現れることも大切だが、その前に神の内に留まることがもっと大切


あなたによってわたしの輝きは現れる

 主の栄光を現すのが私たちの人生

 人から裏切られたり、見捨てられたりするようなことがあっても、

 それによって神の御業が現されるとしたら、それもまた神の栄光となる

 悪いと思えるようなこと、辛いことや苦しいこともあるかも知れないが、

 そうした出来事のすべても神の栄光のために用いられる

 自分の夢をかなえるため、自分の成功のため、自分のためにどんなに人生を費やしても、そこには平安はなく、死んだらすべてが終わってしまう。


いたずらに骨折り

 イザヤ、捕囚前に民を立ち返らせることができなかった

 イエス、ユダヤ人を立ち返らせることはできなかった

 しかし、神の計画は完璧に完了した

わたしを裁いてくださるのは主

 私たちは主のみによって裁かれる

 神のみこころならば、神が必ず報いてくださる

 全てのことが益となる

主の御目にわたしは重んじられている

 私たちは主の目に尊い

わたしの神こそ、わたしの力

 私に力はなくとも、私の神には力がある

イスラエルの残りの者を連れ帰らせる

 イスラエルの救い

それにもまして

 それにもまして、異邦人の救いが来る

国々の光とし、わたしの救いを地の果てまで、もたらす者とする

 異邦人の救い

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page