top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.10.15 CS

神の悲しみ

イザヤ 5:1〜6

わたし

 1節のわたし=イザヤ

 わたしの愛する者=神

 3節以降のわたし=神

大変な労苦

 よく耕して

 石を除き

 良いぶどうを植え

 見張りの塔を立て

 酒ぶねを掘り

実ったのは酸っぱいぶどうであった

なぜ酸っぱいぶどうが実ったか

 ぶどうの木のせい?

 土壌のせい?

 天候のせい?

 管理人のせい?

神さまは私たちが良い実をつけることを期待されている。

単に期待されているだけでなく、手塩にかけて育てて下さる。

よく耕して、石を除き、良いぶどうを植え、見張りの塔を立てられるのである。

時には痛い目に遭うこともあるが、神さまがこの硬い心をよくよく耕して下さる。

成長を阻む石ころが散在しているのを御覧になって、一つずつ石ころを取り除いてくださる。

敵が来て心の畑を荒らさないよう見張り、寝ずの番をしてくださる。


「何かしなかったことがまだあるか」と言われるほど、徹底的に関わって下さっておられるのである。

それにも関わらず、酸っぱい実をつけるとしたら、それはなぜか?

これほど神が関わってくださっているという恵みに感謝せず、

あたかも自分一人で生きているような「野生種の野ぶどう」のようになっているからではないか。

「神さま、その枝は切らないで」と神さまの計画に抗っているからではないか。

「神さまは何もして下さらない」のではなく、

神さまがどれほど関わっていて下さっているかということを、私たちが何も知らないだけなのである。

これほどまでに手をかけて下さる園丁がいるだろうかと思うほどに手をかけてくださる。

さて、収穫の秋である。神さまが私に期待されていた御霊の実はこのようなものだったのだろうか。

いやもしかしたら、良かれと思ってやっていることが、実に悪臭を放つようなことであるのかも知れないのだ。

「霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、 柔和、節制です。」

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page