top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.1.22 CS

あなたの罪は赦された

ルカ5:17〜26

エルサレムから来た

 何と首都エルサレムからも来ていた

 イエスを視察するために

その人たちの信仰を見て

 屋根をつぶして、何してるんや、が第一声のはず

 病人の信仰ではなく、病人を運んできた人々の信仰を見て

 私たちも、私たちの信仰を見て、この世の罪が赦される

 私たちが友としてどれほどの信仰を持っているかが問われる

 行いの立派さではなく、イエスさまへの信頼の強さ

 どうにかして友を救いたいという強い思い

あなたの罪は赦された

 友達の信仰が罪を赦す

 罪を赦すことができるのは神のみ

「よろしい。清くなれ。」(13節)

人よ、

 全人類に対する宣言、「人よ、あなたの罪は赦された」

 イエスの来られた目的そのものの宣言


あれこれと考え始めた

 人間のなせるわざとして当然の所作

 

どちらが易しいか

 神にとってどちらが易しいかということは問題ではない

 この世的には起きて歩けという方が難しい

 霊的には罪は赦されたという方が難しい

 罪が赦されたなら歩くことが出来るという関連性は本来はない

床を担いで

 友人に床を担がれていた者が床を担いで帰るようになる

 私たちも床を担いで帰路につく

神を賛美しながら家に帰って行った

 私たちも神を賛美しながら帰路につく


罪は赦された

 神との関係が回復したということ


今日驚くべきことを見た

 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page