top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.5.1 CS

使徒言行録17:16〜34

「アテネでのパウロ」

アテネ

 ローマに征服されていたが、自由都市として自治の下にあった

至るところに偶像があるのを見て憤慨した

 2000もの神殿・偶像があった

 憤慨した・・・心が沸き立った

 シラスとテモテを待っておられず

会堂・・・ユダヤ教の会堂

広場(アゴラ)でも議論した


エピクロス派

 人間の生命も原子からなる以上、死を恐れたり不安に思ったりすることは無意味であると説いて、感覚に基づいた穏やかな快楽(アタラクシア)を求めることは正しい、と考えた。

 快楽主義

 神は人間に対して何の関心もない

 人生は偶然


ストア派・・・汎神論者

 すべてのものの中に神が存在する。

 理性(ロゴス)によって感情(パトス)を制して、不動心(アパティア)に達することを理想とし、確固たる自己の確立をめざした。

 禁欲主義

 一切のものが神によって運命づけられている

アレオパゴス

 評議会

 裁判所の役割もあった


人間が作った神と人間を創った神


多くの神々を祭りながらも、不安。

これだけ奉っているのに不幸が起こる。

これは自分たちがまだ知らない神があって、この神を蔑ろにしているからだ、との思い。


「我らは神の中に生き、動き、存在する」とか「我らもその子孫である」

この引用はどちらも、ギリシャの詩人の言葉


34節「しかし、彼について行って信仰に入った者も、何人かいた」


神様は私たちに、今、悔い改めることを求めておられる。

私たちはその求めにどう答えるか。

「いずれまた」と言って逃げてしまうか。

日本の宣教の難しさ

パウロでさえも難しかった

でも信仰に入った人も何人かいた

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comments


bottom of page