top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.11.13 CS

良い企てへの備え

ネヘミヤ 2:11〜20

エルサレムで何をすべきか

 何をすべきかは神が心に示された

神がわたしの心に示されたことは、だれにも知らせなかった

 主が示されたことを人々に触れ回る必要はない

 自分の目で確かめ、調べ、時が来たなら話す

 

城壁は破壊され、城門は焼け落ちていた

 私たちの心の城壁はどうか

 破れ口に立つ

  エゼキエル22:30

  破れ口に立つものを探し求めたが、見いだすことはできなかった

  「破れ口に立つ者」とは、神と人との間に立って、その裂け目で神にとりなす者

  神の見張り人

  ゼカリヤ2:8

  城壁のない開かれた所となる

城壁を調べた

 自分の心の城壁を点検せよ

 問題をしっかりと見分ける

 問題だと騒ぐだけで、しっかりと見分けない風潮

乗っている動物が通る所もないほどであった

 瓦礫で足の踏み場もない状態

 聖書の御言葉が崩れ、散らされた状態

城壁を建て直そう

 バウンダリー

 自分と他人を分ける境界線

 他人の問題を自分の問題にしないこと

 他人の責任を自分の責任にしないこと

 他人がやるべきことを自分がやらないこと

 境界線を引けないことによって、本心ではやりたくないことをやっていることによるストレス

 境界線を引けないことによって、他者の行動、感情のケアをすることによるストレス

 境界線を引けないことによって、他者をコントロールしようとすることのストレス

もう恥ずかしいことはない

 宗教観が踏みにじられている状態にも見えた

 周辺民族からの侮蔑の象徴

神の御手が恵み深くわたしを守り

 

この良い企てに奮い立った

 困難をも覚悟の上で決意を固めた

お前たちは何をしようとしているのか

 ユダヤ州はサマリヤ州の一部のようにみられていた

 サタンのささやき、「そんなことをして何になる」


あなたたちには、エルサレムの中に領分もなければ、それに対する権利もない

 サマリア人は、共に関わらせてくれと以前、神殿の再建を申し出たが、まことの神だけでなく、他の神々にも仕えていた。

 神のものとされている人ではなく、主に仕えているようで、自分に仕えているという人。

 このような人々 は働きの助けになるようで、実は働きを阻んでいくことなる。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page