top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.10.2 CS

「その時まで」

ダニエル 12:1-13


ダニエル9:22

お前を目覚めさせるために来た。

この御言葉を悟り、幻を理解せよ。

70年ではなく、70週年


1日=1年

1週を7年で、490年

神殿再建の言葉、キュロスの勅令が出された時(BC539?)から

69週、483年後、メシアが来る

AD70年にエルサレム神殿崩壊

残り1週(7年)はストップしたまま

 神の民ユダヤ人と聖なる都エルサレムが同時に存在している時に関する時計

艱難時代はいつ始まるのか?

 イスラエル国家が確立

 エルサレムに帰還

 7年間の平和契約が反キリストと結ばれる

Ⅱテサロニケ2章1〜12

あの書に記された人々は

 書物に記録が見いだされたすべての者

 記録の書

 私たちの名が記されている

目覚めた人々は大空の星のように輝き

 

終わりの時が来るまで


多くの者は清められ、白くされ、練られる

 清められ、純白にされ、精錬される

終わりまでお前の道を行き

 終わりまで自分に委ねられた道を歩み続ける

時の終わりにあたり、お前に定められている運命に従って、お前は立ち上がるであろう

 終わりの時にも役割が与えられている

1290日、1335日

 45日間で憎むべきものが完全に取り払われる

 太陰暦のヘブル暦、1年は360日

 1290日=3年半+30日

 1335日=患難時代終了後45日で1000年王国が始まる


知恵と啓示の御霊

 これによって、神の計画がどれほど偉大なものかを知る

 

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comments


bottom of page