top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで

ヨハネ10:7〜18


 群れを外れては生きて行けない

 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない


パリサイ派

 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた

 イエスという門を通らない=盗人


はっきり言っておく

 重要なことを述べる前置き


羊は彼らの言うことを聞かなかった

 盗人、強盗だから、羊飼いではないから


私を通って入る者は救われる

 イエスさまを通ってしか神の国に入ることはできない

 イエスさまは私たちに開かれた門

 門を眺めているだけでは入れない。入ることが必要


羊のために命を捨てる

 イエスさまは私たちのために命を捨てられた

 実際羊のために命を捨てるか? 

  捨てられない、牧者がいなくなると残された羊が死んでしまう

  弟子作りが必要


羊のことを心にかけていないからである

 私たちは羊のことを心にかけているか?


自分の羊を知っており

 イエスさまは私たちひとりひとりのことを知っておられる

 私たち以上に知っておられる


羊もわたしを知っている

 私たちはイエスさまのことをどれだけ知っているだろうか?


囲いに入っていないほかの羊もいる

 群れで行動する羊の習性であるならば、群れで迎えに行くか、羊飼いが迎えに行く


声を聞き分ける

 イエスさまの声を聞き分けているか?

 自分の声か、他人の声か、イエスさまの声か?


命を再び受けるために、捨てる

 私たちは捨てきれずにしがみついていないか?

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

2024.1.21 CS

救い主到来のしるし ヨハネ 2:1〜11 三日目に ベタニアからカナまで3日の距離 カナはナタナエルの故郷 ぶどう酒が足りなくなった 本来ありえないこと 何を読み間違えたか とても不名誉なこと 面目丸つぶれ、幸先の悪いスタート ぶどう酒がなくなりました イエスに言ってもどうなることでもない イエスにどうしてくれと言っているわけでもない 婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。 母親に対して冷酷

bottom of page