top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで

ヨハネ10:7〜18


 群れを外れては生きて行けない

 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない


パリサイ派

 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた

 イエスという門を通らない=盗人


はっきり言っておく

 重要なことを述べる前置き


羊は彼らの言うことを聞かなかった

 盗人、強盗だから、羊飼いではないから


私を通って入る者は救われる

 イエスさまを通ってしか神の国に入ることはできない

 イエスさまは私たちに開かれた門

 門を眺めているだけでは入れない。入ることが必要


羊のために命を捨てる

 イエスさまは私たちのために命を捨てられた

 実際羊のために命を捨てるか? 

  捨てられない、牧者がいなくなると残された羊が死んでしまう

  弟子作りが必要


羊のことを心にかけていないからである

 私たちは羊のことを心にかけているか?


自分の羊を知っており

 イエスさまは私たちひとりひとりのことを知っておられる

 私たち以上に知っておられる


羊もわたしを知っている

 私たちはイエスさまのことをどれだけ知っているだろうか?


囲いに入っていないほかの羊もいる

 群れで行動する羊の習性であるならば、群れで迎えに行くか、羊飼いが迎えに行く


声を聞き分ける

 イエスさまの声を聞き分けているか?

 自分の声か、他人の声か、イエスさまの声か?


命を再び受けるために、捨てる

 私たちは捨てきれずにしがみついていないか?

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.5.19 CS

ひとつの霊、多くの働き 1コリント 12:1〜11 神の霊によって語る 自らの言葉でではなく、神の霊によって語る ものの言えない偶像 私たちの神は語る神 私たちは神の語りかけを聞くことができる、聞かなければならない イエスは主である 信仰告白 聖餐式は信仰告白(先週の箇所) 聖霊によらなければ言えない 信仰告白は聖霊の業 聖霊の賜物が与えられたからこそ信仰告白でき、キリスト者となった 本当にイエス

2024.5.12 CS

一緒に主の食卓へ 1コリント 11:17〜26 集まり コイノニア、教会の起源 集まりが、良い結果よりは、むしろ悪い結果を招いている 集まれば良いというものではない 仲間割れ 誰が適格者かをはっきりさせるためには仲間割れも必要 しかし、それでは主の晩餐にならない 主の晩餐 実際に食事が提供されていた 早くから教会に来れる人は満腹するが、仕事に追われて、後からしか来れない人は残り物しか食べられない

2024.5.5 CS

福音に共にあずかる 1コリント 9:19〜27 だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました キリスト者の自由 自由だけれども、他者のためにあえてこの自由を捨てる 自由であるがゆえに、自由を捨てる自由もある 奴隷の道を選ぶ自由もある 偶像に献げられた肉を食べてよいかどうかの結論 自由に食べて問題ないが、食べるべきではないと思っている弱い者のために食べない ユダヤ人に対しては、ユダヤ人

Comments


bottom of page