top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.6.11 CS

主の名を呼び求める者は

ローマ 10:5-13

10:3

神の義を知らず、自分の義を求めようとして

 神の義=自分の努力ではなく、神の憐れみ、イエスキリストによる

  ⇒信仰による義

    自分の清い信仰、信心深い信仰、によるのではない

 自分の義=自分の努力、律法を守ること、イエス・キリストは関係ない

  ⇒律法による義

    9:32

    信仰によってではなく、行いによって達せられるかのように、考えたからです。

 ⇒本来、律法を全うしようとするならば、イエス・キリストによる罪の赦しが必要

掟を守る人は掟によって生きる

 レビ18:5

 法律を守る人は法律によって守られる

だれが天に上るかと言ってはならない

 申命記30:11

 キリストが天から降りて来られたのだから、私たちが律法の遵守(=自分の義)を積み重ねて天にまで達する必要はない

だれが底なしの淵に下るかと言ってもならない

 キリストが私たちの異彩の罪を贖ってくださったのだから、自分の罪や弱さに落胆し、失望する必要はない

御言葉はあなたの近くにあり、あなたの口、あなたの心にある

 イエスがあなたの側で、あなたの中で語られる

 天に行く必要もない、地獄に行く必要もない

 

神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら

 イエスが私たちの罪の贖いのために十字架につかれ、3日目に復活した、との表現ではない

 神が復活させられた

 ギリシャ人はこのことを馬鹿にした

  愛する人のために自分を犠牲にする人はいるだろう

  しかし、死んだ後、復活することはありえない

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comments


bottom of page