top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.5.21 CS

キリストにあやかる

ローマ 6:1〜14

 的外れ

  神に対して

  人に対して

  自分に対して


クリスチャン

 赦された罪人

 でも、私たちの内に罪の意識があるのはなぜ?

  古い人(自我)がいるから

 キリスト者とは、キリストと霊的に一体とされた者

  キリスト・イエスにあやかっている(イエスにある)のがキリスト者の本質

 キリストと一つになる(あやかる)ことによって罪から自由になり、

新しいいのちに生きる


罪に対して死んだ

 罪(自我)から解放された

 罪(自我)はキリストと共に十字架につけられた

 死んだことを認める

キリストと共に生きる

 キリストが内に生きてくださる

 生きることはキリスト

罪はもはや、あなたがたを支配することはない

 自分自身を神に献げるなら

罪がどんなに大きくても、神の愛はさらに大きい

キリストの十字架によって罪赦されたので、

「このままでいいのだ」という思いを生み、罪の中に留まり続けてしまう


罪に対して死ぬということは、自分が頑張ってもう罪を犯さない者になること、

と考えてしまう。

だが、私たちにそんなことが出来るはずがない

律法は鏡

 それによって自分の姿が映し出される

 でも鏡が私たちを矯正することはできない

しかし、神は私たちを罪を犯さない人として表彰してくださった

それらしく生きるようになる

義認から聖化へ

その死にあずかる

 罪と自我とこの世に対して死ぬ

 バプテスマは婚姻であるが、同時に葬儀である

 自分の葬式を見送る

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comments


bottom of page