top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.5.14 CS

ローマ5:1〜11

信仰によって生きる


神との間に平和

 シャローム

 平和でないなら争いがあるということ

 神の御前に恐れることなく出ることができる

今の恵みに

 単なる平和(争いのない状態)ではない

 神に愛され、神との深い交わりの中で生きている状況

神に近づき、神のみ前に出て、そこで倒されることなく立つことができる、ということ

 生かされている恵み、召し捕られる恵み

 

導き入れられ

 自らが獲得したのではなく、導き入れられた

 十字架の血潮によって

 無償で

 善い行いをすることなく

神の栄光にあずかる希望

 将来、必ず神の栄光にあずかる

 この希望があるがゆえ、忍耐することができる

 イエスの再臨と共に復活する

 ただ単に希望しているだけではない、日々聖霊が与えられている


苦難をも誇りとします

 圧迫や困難はつきもの

苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む

 練達=練られた品性

  品性は練られなければならない

聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれている

 神の愛がであって、私たちの愛ではない

 神の愛は聖霊によって注がれる

 神の愛が惜しむことなく注がれている


わたしたちがまだ弱かったころ

 霊的・倫理的に病気のような状態であったとき

 私たちが罪人であったとき、イエスは死んでくださった

キリストの血によって義とされた

キリストによって神の怒りから救われる

 本来であれば、神の怒りから逃れられない

神と和解

 神との和解

神を誇りとしています

 自分を誇りとするのではなく

 自分は優れたものだという確信、それがなければ私たちは生きていけない

 しかしその誇りは他人を蔑むことで成り立つ

 そのような誇りで生きていてはいけない

 

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comments


bottom of page