top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.4.30 CS

正しい者は一人もいない

ローマ 3:9-20

神の恵みによる義

ローマ 3:21〜31


わたしたちには優れた点があるのでしょうか

 自分(自分たち)に優れた点があることを誇りにしやすい

 自己肯定感、自己効力感が能力を開放し、生産性を上げるが…

 他人との比較において自分の価値を評価付けてしまう


優れた点は・・・全くありません

 ユダヤ人が優れているとの選民思想

 旧約では確かにユダヤ人が選ばれたが


全くありません

 人との比較で優劣がどれほどあったとしても、神の前では全くない

 黒さのほんのわずかな違いだけ


皆、罪の下にある

 自分は大丈夫、自分だけは特別、ではない

 みんな罪びと、これなら安心する

  ところが、善人もいるとなると、途端に自分のその一人だと思いたくなる

 罪=単数形、様々な罪のことではない

 罪=ハマルティア、的外れ

 神への畏れがない

 何かに仕えなければならない

  神か、自分か、富か、栄誉か

 罪に仕えると、罪だと認識する必要がなくなるので、自由になった気になる

  神に仕えると罪が分かるので、場合によっては息苦しくなる


律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされない

 律法によって義を獲得することは無理

 罪の自覚しか生じない

 努力して罪を克服できるほど罪は甘くはない

ところが今や

 救いの言葉

神の義

 与えられる

 ギフト

 受け取るか、受け取らないか

 

神の栄光を受けられなくなっている

 神の栄光を受けること


贖いの業を通して、神の恵みにより無償で、義とされる

 贖いが必要

 神の恵みによって

 無償で

 義とされる=義とみなされる


人の誇りは取り除かれた

人が義とされるのは信仰による

 信仰という自助努力ではない


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.7.14 CS

祈りの中の双子 創世記 25:19〜26 系図 ユダヤ教の中では系図は非常に重要 11節 神は息子のイサクを祝福された。 18節 イシュマエルの子孫は、互いに敵対しつつ生活していた。 妻のために主に祈った 熱心に祈った その祈りは主に聞き入れられ 祈りが実現するまで20年 祈りはいつ聞き入れられたか? リベカが不妊の女であることを証明する期間としての20年 子どもの誕生は自然的なものではなかった

2024.7.7 CS

恵みはわたしに十分 2コリント 12:1〜10 わたしは誇らずにいられません 誇らずにおれないことは何か? 自分の働きを誇っていないか? 福音を伝えざるを得ない 祝福せざるを得ない 主が見せてくださった事と啓示 一般啓示、自然啓示 特別啓示 私たちは主が見せてくださったことの何を語るか? 主の幻と啓示はどこに現れているか? キリストに結ばれていた一人の人 私たちはキリストに結ばれているか? そのた

2024.6.30 CS

共に勝利の行進に 2コリント2:12〜17 主によってわたしのために門が開かれていました 人々への伝道の扉が開かれていた 扉が開かれていない時もある 神に祈って扉を開いてもらうことが大切 キリストに繋がるとき扉が開かれる 讃美するとき扉が開かれる 人々を祝福するとき扉が開かれる 主によって開かれる わたしのために開かれる テトスに会えなかった 門が開かれていても一番会いたい人に会えないこともある

Comments


bottom of page