top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.12.17 CS

イザヤ9:1-6

大いなる光


異邦人のガリラヤは、栄光を受ける(8:22)

 ゼブルンの地とナフタリの地は、最初にアッシリヤの手に落ちた(地図4、6)

 その地域には多くの異邦人が住むようになったので、その地は「異邦人のガリラヤ」と呼ばれるようになった。

 イエスは・・・ゼブルンとナフタリの地方にある湖畔の町カファルナウムに来て、住まわれた。(マタイ4:12)


闇の中

 アッシリアによる占領(アッシリア捕囚:BC722年)


大いなる光

 アッシリアからの解放

 闇の中を歩んでいても、大いなる光を見る

 それは神からの一方的な救い


死の陰の地に住む者の上に

 現在のガザ地区のような有様


ミディアンの日

 ギデオンがミディアン人を打ち破った日のこと(士師記7章)

 人間の力ではなく、徹底的に神により頼んだことから生じた勝利

 300人の勇士によって13万人のミディアン人を打ち破る


ひとりのみどりご

 みどりごというか弱い存在、しかしそれが大いなる光となる

 外の惑星?から来たのではない、マリアの内に受胎した

わたしたちのために生まれた

 わたしと無関係ではない 


驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君と唱えられる

 初臨時にはそのように唱えられなかった

 イエス様の再臨の時

 不思議な助言者(助言者の不思議)

 

平和は絶えることがない

 新しいエルサレム

 エルシャローム


正義と恵みの業によって

 神の義、これのもとでは誰もが罪人

 恵みの業、これによって誰もが赦される


万軍の主の熱意がこれを成し遂げる

 神がどれほどの熱意をもって、私たちを導いておられることか

 このままではいけない、神の約束のもとに、神の救いのもとに入らなければならない

 的外れの道を歩んでいてはならない

 何とか立ち帰らせようとする神の熱意

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comments


bottom of page