top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.12.17 CS

イザヤ9:1-6

大いなる光


異邦人のガリラヤは、栄光を受ける(8:22)

 ゼブルンの地とナフタリの地は、最初にアッシリヤの手に落ちた(地図4、6)

 その地域には多くの異邦人が住むようになったので、その地は「異邦人のガリラヤ」と呼ばれるようになった。

 イエスは・・・ゼブルンとナフタリの地方にある湖畔の町カファルナウムに来て、住まわれた。(マタイ4:12)


闇の中

 アッシリアによる占領(アッシリア捕囚:BC722年)


大いなる光

 アッシリアからの解放

 闇の中を歩んでいても、大いなる光を見る

 それは神からの一方的な救い


死の陰の地に住む者の上に

 現在のガザ地区のような有様


ミディアンの日

 ギデオンがミディアン人を打ち破った日のこと(士師記7章)

 人間の力ではなく、徹底的に神により頼んだことから生じた勝利

 300人の勇士によって13万人のミディアン人を打ち破る


ひとりのみどりご

 みどりごというか弱い存在、しかしそれが大いなる光となる

 外の惑星?から来たのではない、マリアの内に受胎した

わたしたちのために生まれた

 わたしと無関係ではない 


驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君と唱えられる

 初臨時にはそのように唱えられなかった

 イエス様の再臨の時

 不思議な助言者(助言者の不思議)

 

平和は絶えることがない

 新しいエルサレム

 エルシャローム


正義と恵みの業によって

 神の義、これのもとでは誰もが罪人

 恵みの業、これによって誰もが赦される


万軍の主の熱意がこれを成し遂げる

 神がどれほどの熱意をもって、私たちを導いておられることか

 このままではいけない、神の約束のもとに、神の救いのもとに入らなければならない

 的外れの道を歩んでいてはならない

 何とか立ち帰らせようとする神の熱意

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page