top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.11.5 CS

イザヤ40:1~8

呼びかけよ

四重の福音

 バビロン捕囚からの解放

 イエスの再臨

 自分のこと

 イエスさまの再臨

イザヤは100年後のことを述べる 

バビロン捕囚、BC586年

ペルシャ王クロスによる神殿再建命令、BC536年

慰めよ

 イザヤとそれに続く預言者たちに対して「民を慰めよ」と神が言われる

 「心を頑なにするメッセージ」から「慰めのメッセージ」へ

 良いことの訪れ=福音

エルサレムの心に

 バビロン捕囚の民にのみ語っているのではない

 新しい都エルサレム(終末的預言)

  反キリストから解放された後のエルサレム

苦役の時

 苦役:普通は軍隊の意味、エルサレムの労苦

 戦いが終わった(バビロン捕囚、大艱難時代)

咎は償われた

 バビロン捕囚からの解放

 キリストの初臨

 キリストの再臨

 犠牲のいけにえがささげられ満足させられる

 イエスさまがすべての咎を償ってくださった

罪のすべてに倍する報い

 十分な祝福を受ける

 長子の特権、2倍の相続

荒れ野に道を備え

 バプテスマのヨハネによる成就

 バビロン捕囚からの帰還

 荒れ野:人間の惨めな状態を示す

 荒れ地:乾いた地

主の栄光がこうして現れるのを共に見る

 すべての人が神の栄光を見る(終末的預言)

 衛星放送、インターネットで全世界の人が同時に見る


主の風

 ルーアハ(息、風)

 砂漠の熱風が東から吹くと草はたちまち枯れる


神の言葉はとこしえに立つ

罪の赦しの福音

福音を受け入れるための準備

確かさは聖書のことばにある

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page