top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.11.26 CS

神に聞き従う

イザヤ 50:4〜11

弟子としての舌

 弟子=主によって教えを受けた者たち

 私たちの舌は弟子としての舌であらねばならない

 自分の舌であることがいかに多いことか

疲れた人を励ますように

 疲れた人を励ます言葉を語るために舌が与えられている

朝ごとにわたしの耳を呼び覚まし

 朝ごとに=毎朝、毎朝

 耳を呼び覚ましてくださる

 朝ごとに私たちは耳を呼び覚ましてもらう

 何よりも大事なことは聞くこと

 医師は聴診器を当てて聴くことから始める

弟子として聞き従うようにしてくださる

 弟子として聞き従うようになるのは神の働き

 神によって整えられる

 整えられなくては聞き従うことはできない

 今日も弟子としての一日が与えられた

わたしの耳は開かれた

 神によって耳が開かれる

 耳を閉ざしていないか

 何に対して耳が開かれるか

  神の教えに対して

 神の教えを理解すること

 神の教えを十分に聞くこと

  目が開かれたではなく、耳が開かれた

逆らわず、退かなかった

 逆らいたくなる、退きたくなる、しかし退かなかった

 神に言葉をしっかりと聞いていたから

わたしはそれを嘲りとは思わない

 主への信頼ゆえ

 侮辱かどうかは主が判断される


わたしが辱められることはない

 決して失望に終わることはないとの確信

闇の中を歩くときも、光のないときも、主の御名に信頼し

 主の光が見えないときであっても、主に信頼する

自分で燃やす松明によって

 自分の光に頼るのではなく、主の光に頼る

 松明=燃えさし

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Commenti


bottom of page