top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.10.1 CS

バベルと呼ばれた町

創世記 11:1−9

石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを

 石、しっくいは自然のもの

 れんが、アスファルトは人が作ったもの

 神への挑戦

 れんがとアスファルトを手にした人間は、必然的により高いもの、より巨大なものを造ろうと思った

天まで届く塔のある町を建て、有名になろう

 天まで届く

  神の領域

 有名になろう

  有名になることがいけないことではないが、

  私たちは有名になるために生まれたのではない

 世界一高いタワー作り競争は今も続いている

 洪水を起こされた神に対する復讐?

  これで二度と洪水で滅ぼされない

全地に散らされることのないようにしよう

 全地に広がることが私たちの使命

 この使命を拒否し、留まることを選んだ

 全地に広がるのではなく、散らされると思った

彼らが何を企てても、妨げることはできない

 大きな力を持つようになった

 集団の力を発揮し始めた

私たちのバベルの塔 

 私たちも自分が安住する領域だけに留まり、

 そこにおいて高い塔を築き続けているのではないか

 神さまは拡がれと言っておられるのではないか


他の人の言葉が耳に入らなくなる

神の言葉を聞き分ける


せっかく一致してのに

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comments


bottom of page