top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2023.1.8 CS

ルカ 2:41〜52

十二歳のイエス

3日間姿を見せなかった

 イエスは神の元にいた

父の家

 直訳は父のものの中にいる

わたしが自分の父の家にいるのは当たり前

 私たちはイエスさまをそこにいない場所に探そうとする

 私たちの思いとイエスの思いとのすれ違い

 イエスの出会った人や弟子達との思いのすれ違い

 イエスは常に天の父のところにおられた

  父よわたしをなぜお見捨てになったのですか、と叫んだ時も天の父のところにおられた

  私たちは天の父のところから容易に離れてしまう

 当たり前

  天の父のふところにいることが当たり前となるように

神殿の境内で、話をしたり質問したりしていた

 カテキズム

 CSがその役割を受け継いでいる

 イエスは律法学者たちをやり込めていたのではない

  素直に、熱心に、質問し、教わっていた

イエスは一緒に下って行き

 自分の父のところにいるべきイエスは、

 天の父のところにいたイエスは、この世に下って来られた

両親に仕えて暮らした

 神の子であるイエスが謙遜に両親に仕えて暮らした

 みんながヨセフの子ではないか、と言うほど普通の子らしく

すべて心に納めていた

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page