top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.5.22 CS

使徒言行録22:30〜23:11

「神の前で、人々の間で」


千人隊長

 パウロはローマ市民

 ユダヤ人の宗教問題については権限外

 最高法院で裁判させる

兄弟たち

 裁かれる立場であるはずのパウロが、兄弟たちよと語りかける

良心に従って神の前で生きてきました

 最高法院の議員の前でこのように語れるパウロ

 神の前で生きていると言える人生か

大祭司

 権威を認めないパウロに憤慨

律法に背いて

 有罪判決が出るまでは被告を保護することが定められているユダヤ人の律法に反する

白く塗った壁

 エゼキエル13:10(旧1312)

 マタイ23:27(新46)

 脆くなって倒れそうな壁の上に漆喰を塗り、危険な状態を分からなくしている状況

大祭司だとは知りませんでした

 「あなたは律法に従ってわたしを裁くためにそこに座っていながら」とパウロは認識している

指導者を悪く言うな

 出エジプト22:27(旧131)

 「あなたの民の中の代表者を呪ってはならない」

死者が復活する

 人の頭の中で、合理的に説明のつく救いでは、死という圧倒的な力を乗り越えることはできない。

 イエス・キリストの十字架の御業と復活の希望は、頭で理解できるかどうかではない。

 その恵みと希望によって、自分が生かされるかどうか。

 この神の恵みと希望に生きているからこそ、パウロは命の危険を知っていながらもエルサレムへやって来、また自分を殺そうとする人に対しても、大胆にキリストのことを宣べ伝えた。

 パウロには終わりの日に与えられる復活の望みがあるので、たとえ死を前にしても、神の前で生きることを止めない。

その夜、主はパウロのそばに立って言われた。

 その夜

  私たちにも夜がある

  その夜に、主はそばに立って語られる

 そばに立って

  主は私たちの側に立っておられる

 言われる

  主は御言葉で語られる

勇気を出せ

 強くあれ、雄々しくあれ

 「ハザク」(חֲזַק)

ローマでも証しをしなければならない

 神の計画

 引っ捕らえられてローマへ

 

パウロがキリストのものであるということ、神の前で生きているということが、

この世のどのような苦難の中でも、希望を与え、勇気を与える。

挫けても、失敗しても、倒れても、この世のことが全てではない。

神の御手が必ずそこにあり、神の救いのご計画がある、神の国が必ず完成する。

「来たるべき日の自分を思い描いて」

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.6.9 CS

この慰めによって 2コリント 1:3〜11 あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができる 私たちはあらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるか? 聖書はできると書いてある なぜできるか? 神が、あらゆる苦難に際して私たちを慰めてくださるから あわれみ深い父 あらゆる慰めに満ちた神 私たちはこの神からの慰めによって人々を慰めることができる どれほど大きな慰めを神から受けていることか 自分が苦し

2024.6.2 CS

初穂となられたキリスト 1コリント 15:12-22 死者の復活などない 死者が蘇るわけがない キリストは復活されたが、私たちが復活することはない バプテスマによって既に新しい命を与えられたので、死んで復活する必要はない グノーシス主義 たましいが新たな命をいただくのであれば、肉体の復活などどうでもよい 私たちはキリストの再臨の時の、肉体の復活を信じているか キリストは死者の中から復活し 信仰告白

2024.5.26 CS

最も大きな賜物 1コリント 12:31〜13:13 あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい 奇跡を行う賜物、病気を癒やす賜物、異言を語る賜物、よろももっと大きな賜物 一体どんな賜物? 愛という賜物 何に努めればよいのか? 山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも あり得ないほどの信仰 それでも、愛がなければ無に等しい 全財産を貧しい人のために使い尽くそうとも あり得ないほ

Comentarios


bottom of page