top of page
検索
  • 宝塚バプテスト教会HP管理人

2022.5.15 CS

パウロの告別説教


自分を全く取るに足りない者と思い

 日本的謙遜ではない

 自分の思いが、自分が「これがよい」と思うこと、自分が「これこそ主に仕えることだ」と思うこと、

 それらの自分の思いの全てが、取るに足りない無価値なものだと知ること

 自分の内にある高慢さと繰り返し戦かった


主に仕える

 私たちは誰かに仕えなければならない

 自分の思いに仕えるか、この世に仕えるか、上司に仕えるか、名誉欲に仕えるか、神に仕えるか

役に立つことは一つ残らず

 役に立たないことばかり多く語ってしまう

 神に対する悔い改めとイエスの対する信仰を教えた

命すら決して惜しいとは思いません

 霊に促されたものだから

 キリストによって表された神の恵みを人々に伝えるために、召し出され、生かされている

目を覚ましていなさい

 御言葉によって目が覚まされて、この世を見る

この言葉はあなたがたを造り上げる

 終わりの日に、傷のない者としてイエスに迎えられる


 



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024.2.18 CS

主よ、信じます ヨハネ 9:1〜40 生まれつき目の見えない人 罪が病気を生じさせる 生まれつきということは、両親の罪のゆえか? 病気の原因 人生の不条理、障害をもって生まれてきた 私たちも、生まれつきの霊的盲目の中にある 盲人は他者の慈善によって生きるしかなかったので、神殿の近くで物乞いをしていた 見かけられた イエスはこの男を凝視した それで弟子たちが質問をした 本人が罪を犯したからでも、両親

2024.2.11 CS

良い羊飼いのもとで ヨハネ10:7〜18 羊 群れを外れては生きて行けない 迷い出た羊は羊飼いなしでは生きて行けない パリサイ派 自分たちこそイスラエルを導く羊飼いだと自認していた イエスという門を通らない=盗人 はっきり言っておく 重要なことを述べる前置き 羊は彼らの言うことを聞かなかった 盗人、強盗だから、羊飼いではないから 私を通って入る者は救われる イエスさまを通ってしか神の国に入ることは

2024.1.28 CS

心満たされる礼拝 ヨハネ 4:1〜26(参照4:27〜42) サマリアを通らねばならなかった サマリア地方は雑婚となり、偶像礼拝が行われていた ユダヤ人はサマリア人と交際しなかった 神の必然 神の計画のためには避けることができなかった 女にとっては偶然のイエスさまとの出会い、神にとっては必然 正午ごろ 夕方6時と読みかえる必要はない 一人で井戸に来る女性などいない、ワケありの女性 水を飲ませてくだ

bottom of page